利用者の低迷などで来季から運営業者が撤退する須坂市の「峰の原高原スキー場」が12月、スノーボードで世界的に知られる米国発のスノーパークとして存続することになった。常設では国内唯一の施設といい、全国的にスキー場の利用者が減る中、特徴を打ち出して、国内外から広く誘客を図る狙いだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます