ヒマラヤの懐にひっそりと抱かれたブータンは、人呼んで「幸せの国」。この知られざる仏教王国の現実を、ある家族に降りかかった問題を通して描き出したドキュメンタリー映画「ゲンボとタシの夢見るブータン」が公開される。心の豊かさを尊ぶ「桃源郷」も近代化が進み、そのひずみが徐々に現れているようだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます