イタリア政府が沿岸警備隊に救助された難民・移民の上陸を拒み、難民・移民が船上に留め置かれたことを受けて、地元検察は25日、不法拘禁の疑いでサルビーニ副首相らに対する捜査を始めた。同氏は移民排斥を訴える右派「同盟」の党首。同盟が加わる連立政権は欧州連合(EU)加盟国に難民・移民受け入れの分担を求め、難民・移民の受け入れを拒否する姿勢を強めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます