3年前の「関東・東北豪雨」で鬼怒川が氾濫(はんらん)し、市の3分の1が浸水した茨城県常総市の被災者に全国から講演依頼が続々と集まっている。西日本豪雨など、毎年のように水害が発生し、逃げ遅れる人が絶えない。どうしたらいいかのヒントを被災者の体験から見つけようとしている。9月10日で常総水害から3年になった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます