全国の地方銀行の6割が、犯罪組織などによるマネーロンダリング(資金洗浄=マネロン)への対策に不安があるとしていることが、朝日新聞が全国の地銀に実施したアンケートで分かった。来年には国際組織によるマネロン対策の審査も迫る。海外送金を一部停止する地銀も出始めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます