西日本豪雨で、大きな被害を受けた岡山県倉敷市真備町で浸水が広がる様子を、東京理科大の二瓶(にへい)泰雄教授(河川工学)らが、シミュレーションで再現した。29日から札幌市で開かれている土木学会の全国大会で発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます