家で飲み残した処方薬を回収する「節薬バッグ」を活用し、薬剤師が医師に問い合わせて患者の薬管理に役立てることで、青森県内で年2億円以上の薬剤費節減効果が推計されると県薬剤師会が公表した。同会は「かかりつけ薬剤師を通して飲み残し薬をしっかり管理すれば薬剤費の適正化につながる」としている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます