介護現場の人手不足解消につなげようと、長野県小諸市の福祉関連法人などでつくる組合が、外国人技能実習制度に基づく介護実習生の受け入れを始めた。その第1陣としてインドネシアの若者19人が先月末に来日。全国でも始まったばかりの試みで、人材確保の決め手となるか注目される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます