台風21号が西日本を縦断してから一夜明けた5日朝、大阪市の中心部を通る御堂筋では多くの車や人が行き交ったが、路上には強風によって折れた街路樹の枝などが散乱していた。多くは通行に影響がないように中央分離帯に集められた。歩道には名物のイチョウから落ちたギンナンの青い実が無数に落ちていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます