小児がんを乗り越え、津波対策を研究する東北大災害科学国際研究所助教の門廻充侍(せとしゅうじ)さん(28)が仙台市内で講演した。病気を抱えた子供やその家族、支援者ら約50人に「病気になってもやりたいことはできる。わくわくすることをやってみて」と呼びかけた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます