6日午前3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とする地震が発生。安平(あびら)町で震度6強を観測、厚真(あつま)町も同6強と推定されるなど道内各地が大きな揺れに襲われた。北海道庁によると、むかわ町と新ひだか町で2人が死亡。厚真町では大規模な土砂崩れが発生し、町によると少なくとも30人が安否不明、5人が心肺停止との情報がある。家屋の倒壊も相次ぎ、けが人が多数出ている。道内のほぼ全域の295万戸が停電し、JRや札幌市営地下鉄などの列車もすべてストップしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます