江戸の「3大横丁」。諸説あるものの、多くは鍋屋横丁を一つに挙げる。江戸中期、妙法寺(東京都杉並区堀ノ内3丁目)が厄よけで有名になり、青梅街道には多くの参拝客が行き交った。街道沿いの休み茶屋「鍋屋」はひときわ繁盛。鍋屋横丁と呼ばれるようになった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます