将棋のプロ棋士を目指す者にとって、棋士養成機関「奨励会(しょうれいかい)」の三段リーグは、突破しなければならない最終関門だ。関東と関西の三段が全員参加し、約半年かけて計18局を戦い、上位2人がプロ入りの四段に昇段できる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます