大阪府警富田林署から逃走した樋田淳也容疑者(30)からとみられる「置き手紙」を受け取った友人の男性(31)が、取材に応じた。手紙には、「逃げるか死ぬか迷っています」と揺れる胸の内が記されていたという。逃走から12日で1カ月。府警は3千人態勢で行方を追っているが、足取りは3週間以上、途絶えたままだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます