陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備に向け、防衛省が実施する現地調査の入札が12日あった。地質・測量調査は落札された一方、電波環境調査は落札されず、18日に再度入札する。今後、選定された業者が候補地の秋田、山口両県に調査に入るが、住民の反発は強く、候補地の選び直しを求める声も上がり始めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます