厚真町幌内の山本辰幸さん(77)は、町内に2軒しかない酒米農家だった。JAとまこまい広域の松原正明理事参事によると、酒米は地酒の「あつま川」と「美苫(びせん)」に使われていた。「あつま川は辛口、美苫はフルーティー。美苫はピーク時には約1万本売れていた」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます