7~8月の山岳遭難事故の発生は721件で前年同期より110件増え、統計を取り始めた1968年以降、過去最悪だったことが13日、警察庁のまとめで分かった。遭難者も793人(前年同期比88人増)で最も多く、4年連続で700人を超えた。死者・行方不明者は71人(同3人増)だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます