企業が学校卒業後の採用を約束する内定について、2017年度(18年3月卒)は73人が取り消されたと厚生労働省が14日発表した。取り消し数は近年、学生の「売り手市場」を背景に低水準で推移する。ただ、経団連が検討中の「就活ルール」の廃止が実現すれば、取り消しのリスクが高まる可能性もある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます