群馬県伊勢崎市のダイビングショップの代表らが15日、玉村町の高齢者施設を訪れ、VR(仮想現実)動画を使ったダイビングの疑似体験を約20人の入居者らに楽しんでもらった。VR用のゴーグルを着けて周囲を見ると、ウミガメが泳いでいたり、足元にサンゴが見えたりし、海中遊泳をしているような気分になれる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます