米ハワイの伝統舞踊フラダンス(フラ)を指導する米国人女性(64)が、独自の振り付けを勝手に使われて著作権を侵害されたとして、熊本市のフラ教室運営会社に振り付けの使用差し止めを求めた訴訟の判決が20日、大阪地裁であった。高松宏之裁判長は女性の訴えを認め、運営会社に差し止めを命じた。女性側の代理人弁護士によると、フラの振り付けに著作権を認めた判決は初めて。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます