フィギュアスケートのオータム・クラシックが20日(日本時間21日)、カナダ・トロント郊外のオークビルで開幕した。女子ショートプログラム(SP)は、平昌(ピョンチャン)五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が70・98点で首位に立った。昨季の世界選手権2位の樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)は57・54点で4位、松田悠良(中京大)は47・75点で12位でスタートした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます