仮想通貨大手テックビューロ(大阪市)が運営する仮想通貨交換サイト「Zaif(ザイフ)」で起きた約70億円分の不正流出では、ネットに常に接続された状態の仮想通貨が標的となった。管理態勢が適切だったかなどの疑問が残るが、テックビューロは20日未明に問題を公表後、記者会見を行わず、説明責任を果たさないままだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます