子どもの虫歯は昔よりずいぶん減ったように感じます。一方、虫歯を持つ大人の割合は20年以上前と比べて減っていないことをご存じでしょうか。元日本小児歯科学会理事長でもある鶴見大学歯学部(神奈川県)の朝田芳信教授は今年、子どもの時に覚える歯磨きのやり方こそが大人の虫歯を防ぐという考えから「間違いだらけの子どもの歯みがき」(春陽堂書店)を出版しました。その冒頭には、「自己流は厳禁」と書かれています。子どもでもできる、正しい歯磨きのやり方とは?…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます