急増する国内外の観光客に戸惑う祇園新橋地区(京都市東山区)の住民が、撮影マナーの向上を呼びかけ始めた。私有地への立ち入り、路上での着替え、派手なポーズ――。婚礼前の記念写真の人気スポットだが、住民の生活の場が荒らされている。住民や店主らでつくる祇園新橋景観づくり協議会は9月27日、撮影業者とマナーに関する覚書を交わした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます