標高の高いところでは、地表と時間の流れが異なる――。アインシュタインの一般相対性理論で予測される、そんな不思議な現象をとらえる実験を、東京大学などの研究グループが東京スカイツリーの展望台で始めた。標高の違いによるわずかな重力の差がもたらす時間差を日本発の超高精度の時計でとらえる試みだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます