富士通研究所は4日、顔とかざした手のひらで短時間で本人確認する技術を開発したと発表した。買い物の支払いや会場に入る許可を得る際などに、カードの提示やパスワードの入力が不要になる。大型の商業施設やイベントでの活用を想定しており、2020年度の実用化をめざす。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます