軽自動車の自動車保険料について、2020年1月から、型式ごとに3段階に分けられることが決まった。普通乗用車や小型乗用車は型式により保険料が異なるが、軽は型式に関わらず同じだった。今後は安全性能に優れ、事故率が低い車の保険料は優遇され、最大で1万円の差が出ることになる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます