北海道地震から6日で1カ月。あの日、震度6強の揺れに襲われた北海道安平(あびら)町の和菓子店「佐藤菓子舗」では、代々伝わる釜の土台が割れてしまった。店主の佐藤けい子さん(71)は創業100年を迎えた老舗の閉店も考えたが、常連客の励ましもあり、もう一度店を開こうと決意した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます