洛北、京都大学の時計台を左手に東へ歩を進めると、吉田神社の鳥居に行き当たる。そこを南に曲がった先に、昭和を代表する作庭家で庭園史研究家の重森三玲の旧宅がある。元は江戸期に建てられた吉田神社の社家の屋敷で、1943年に譲り受けた。現在は、重森三玲庭園美術館として公開されている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます