東芝は5日、元子会社で6月に独立した東芝メモリからの補償請求に応じ、約4200万ドル(約48億円)を支払うと発表した。請求を受けた理由は明らかにしていないが、関係者によると、独立前に台湾の半導体メーカー、旺宏電子(マクロニクス)から起こされていた特許侵害訴訟の和解に伴う費用。損失として2018年7~9月期に計上する予定だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます