「上手な医療のかかり方」を考え、広めるための懇談会を厚生労働省が設置し5日、初会合を開いた。医療機関の適切な受診方法について、議論の場を設けるのは初めて。不要不急な受診を減らし、長時間労働が問題になっている医師の負担軽減を目指す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます