重粒子線や陽子線と呼ばれる放射線を使い、がんを治療する「粒子線治療」が今年4月、前立腺がんに保険適用が広がった。X線を使う従来の放射線治療に比べ、がん細胞をねらいうちできるのが特徴とされる。治療施設はまだ限られるが、保険適用によって、「高額な医療」というイメージは変わりつつある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます