前回までは遺族ケアなど、認知症をみとった家族のお話を中心に紹介しましたが、今回から少し視点を変えて、介護を支える人のことにも言及したいと思います。介護保険制度が始まった2000年(平成12年)のことは、今でも忘れられない思い出です。それまでの「措置(福祉の観点から必要とみなされた場合に国のお金で支える)」というものの見方から、みんなで財源を出し合って保険の制度を作り、そこから介護が必要な人に介護保険として費用を賄うという見方に変わりました。これは医療保険制度とならんで国の根幹をなす制度改革でした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます