経団連が2021年春採用からの就職活動の指針廃止を決め、60年以上続く経済界主導の「就活ルール」に終止符が打たれることになった。今後は政府主導に移るが、大学や中小企業からはルールの存続を求める声が相次ぐ。一方、学生たちの評価は割れている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます