西日本豪雨、台風21号……。今年は気象災害が目立った。技術の進歩で、ほぼ予報通りに雨が降り、ハザードマップでリスクが高いとされた場所で氾濫(はんらん)や土砂災害が起こった。予報をもとに交通の運休や商店の臨時休業を見越し、予定を変更する人は増えた。しかし「避難」となるとハードルが高い。情報をどう活用…

無断転載・複製を禁じます