環境省中部地方環境事務所などは12日、国の天然記念物で絶滅危惧種の淡水魚「イタセンパラ」を木曽川に試験放流したと発表した。密漁を防止するため放流場所は非公開だが、10月上旬に木曽川の岐阜県側で、約80匹を放流した。国による木曽川での放流は初めてという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます