戦後日本の政治とアメリカには深い関わりがあります。大衆レベルでの親米感覚に注目して日本の近代や戦後天皇制を論じてきた東大教授の吉見俊哉さんと、その議論に大きな影響を受けた京都精華大講師の白井聡さん=写真。ともに日本の中のアメリカをめぐって考察してきた2人が、平成の終わりを前に日本の政治的無意識とアメリカの関わりを問い直します。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます