2020年東京五輪で初めて実施される空手で、演武を行う「形」の勝負判定が採点方式に変わる。これまでは5人の審判員が旗を上げて勝者を決めてきたが、「基準が分かりにくい」との指摘があった。五輪出場権を巡るポイント獲得大会が本格化する来年1月から実施する予定だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます