サウジアラビア政府を批判してきたサウジ人記者が、在トルコの自国総領事館に入った後に消息を絶った事件で、サウジが苦境に陥っている。王室の関与も指摘されるなか、中間選挙を控えたトランプ米大統領は経済関係を考慮し、事件の組織性を打ち消すのに躍起だ。ただ、欧州諸国は人権問題として徹底調査を求めており、サウジ経済にもじわりと影響が出始めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます