油圧機器大手「KYB」(東京)は16日、同社と子会社の「カヤバシステムマシナリー」(同)が製造した免震・制振装置に検査データの改ざんがあり、国土交通省の基準や顧客の性能基準に合わない製品を出荷していたと発表した。不適合品は、疑いがあるものも含めると、マンションや病院、庁舎など全47都道府県の建物計986件で使われているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます