アーサー・ミラーの「セールスマンの死」(長塚圭史演出)を神奈川芸術劇場(KAAT、横浜市)が上演する。片平なぎさが演じるのは、主人公ウィリー(風間杜夫)を献身的に支える妻のリンダ。2人の共演は、テレビドラマ「スチュワーデス物語」以来35年ぶりだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます