広い範囲で長時間雨が降り続いた7月の西日本豪雨。220人以上が犠牲になった背景に、危険を知らせる情報が十分に伝わらなかったことが指摘されている。膨大な情報をわかりやすく伝え、住民の避難につなげるにはどうしたらいいのか。政府とメディア関係者が連携し、模索を始めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます