日本銀行の雨宮正佳(まさよし)副総裁が20日名古屋市内で講演し、将来的に中央銀行が現金や預金の代わりとなるデジタル通貨を発行する実現性について、「金融安定や金融仲介に及ぼす影響について、慎重な検討が必要」と述べた。ビットコインなど仮想通貨の将来性については「決済で広く使われるハードルは相当高い」と懐疑的な見方を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます