サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された疑惑をめぐり、ロイター通信は21日、サウジ政府に拘束されているサウジ人の男らが「カショギ氏が大声を出したので首を絞めて殺害した」と伝えた。うち1人はカショギ氏が着ていた衣服を着て総領事館の外に出て、カショギ氏が生きているようにみせる偽装工作もしていたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます