青森県つがる市の国道101号で9月、酒を飲んで乗用車を運転し、制限速度を大幅に上回る時速約130キロで暴走して4人が死亡する多重事故を引き起こしたとして、県警は22日、自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで、運転していた団体職員、高杉祐弥容疑者(32)=つがる市=を逮捕し、発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます