台湾東部の宜蘭県で21日夕に起きた台湾鉄道の特急列車「プユマ号」の脱線事故で、死者の多くは先頭から3両目までに集中していたことが分かった。台湾当局は22日朝までに、少なくとも18人が死亡、187人が負傷したと発表した。事態を重く見た蔡英文(ツァイインウェン)総統も22日朝、現地に入った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます