文部科学省は23日、全国81大学の医学部医学科の入試を対象に実施している不正調査の中間報告を公表し、性別や浪人年数で合否判定に差をつけるなど、複数の大学で不適切な入試が行われた疑いがある事例を示した。柴山昌彦文科相は同日の会見で、「受験生が安心して受験できるよう公正な入試の実施を求める」と述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます