鼻が高いから「鼻高(びこう)」、顔が長いから「長面(ちょうめん)」、頑固だから「剛(ごう)」――。幕末期、親しい間柄の大名らが互いに使った「あだ名」(雅号・戯号)だ。やりとりした手紙の宛名や署名から、教科書に出てくる「偉人」とはひと味ちがう、大名たちの人間性がほの見える。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます