日本の首相として約7年ぶりに中国を単独訪問した安倍晋三首相は、中国との関係改善を強くアピールした。中国も歓待し、経済分野を中心に多数の合意を締結した。一時は「国交正常化してから最悪」とも言われるほど冷え込んだ日中関係は正常な関係に戻りつつあるように見える。ただ、その裏には、米国との関係悪化を背景にした中国の打算もある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます