時代が明治に変わる150年前、現在の千葉県船橋市や市川市で、戊辰(ぼしん)戦争での戦闘の一つ「市川・船橋戦争」があった。旧幕府軍の兵が逃げ込んだ家に残したとされる銃弾入れが、11月2日に船橋市西船3丁目の葛飾公民館である歴史民話講座で公開される。郷土史を研究する「かつしか歴史と民話の会」が企画した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます